成年後見登記制度?

成年後見登記制度は、後見人などが権限など登記を行い示す制度のことをいいます。登記された内容を証明するのが登記事項証明書となります。登記事項証明書によって被後見人などが誰で、後見人が誰なのかということを証明書によって明確にすることができます。

判断能力の衰えた人が安心して取引などを行うことができるようにするための証明となるのが登記事項証明書となります。登記事項証明書を取引の相手などに示すことで円滑な取引を行うことができるとともに安全な取引を行うことができます。

以前は、戸籍に記載されることになっていたのですが、成年後見制度をより利用しやすいものにするためとプライバシーの保護が7考慮され現在では法務局から発行されるものとなっています。

つまり成年後見人であることを示すことで、取引は判断能力の衰えている人と行うのではなく後見人と取引を行うことになりますから安心な取引ということはもちろん詐欺などの被害から被後見人を守ることができます

詐欺被害は近年増加するばかりですから、いつどのような詐欺被害にあってしまってもおかしくない状況ですから特に判断能力が低下している場合には重要な役割を持つものとなってきています。